先生

ベイザーでナイスバディーに変身|男子の目が釘付けに

効果抜群の若返り手術

鏡と婦人

フェイスリフトで解消

美容クリニックでのシワ取り施術では、ヒアルロン酸の注入や、ボトックス注射などが人気を呼んでいます。ただ、これらの施術は手軽に受けられる一方、持続期間が限られており、長く作用させるためには定期的な施術が欠かせません。1度の施術でシワの改善を図りたいと考えるなら、手術によるリフトアップが効果的です。リフトアップは、頬と耳の境目や、首、額などの目立たない部分を切開して引き延ばし、余分な皮膚を除去する方法です。たるんでいた顔の皮膚そのものを引き延ばすため、根本的にシワを消すことができます。また、シワとともに皮膚のたるみも改善され、ハリのある肌を取り戻すことができます。この手術は日帰りで受けられ、1週間後には抜糸ができるため、大きな負担がかかることはありません。

腫れや内出血に驚かない

フェイスリフト手術を受ける際に気を付けたいのが、ダウンタイム中の傷の変化です。メスを使った手術となるため、場合によっては患部に腫れが出たり、内出血を起こすこともあります。特徴的なのは、術後すぐにそういった症状が現れることは少なく、おおむね2日目あたりから顕著に現れてくるところです。術後すぐに腫れが出ないことから、安心していたところで急に出始めて動揺してしまうこともあります。症状が出ても落ち着いて治まるのを待てるよう、ダウンタイム中に起こり得る変化などは予め知っておきましょう。腫れや内出血は、長くとも2週間程度で引いていくため、過度に心配する必要はありません。患部に直接触れないようにすれば、術後3日程度で入浴やメイクが可能になります。